ご挨拶

  本校は明治13年に創立され,今年で143周年を迎える伝統ある学校です。郷土(校区)の先人として,第25代横綱西ノ海や昭和初期の柔道家遠藤清8段を排出するなど,昔から運動が盛んな地域です。また,校区内に日本で最初に甘藷が栽培されたところがあり,農業も盛んな地域でもあります。

 学校では,校訓である「はつらつと世界に伸びよ下西の子」をめざし,社会人講話やミニ職場体験,また,種子島高校との交流などキャリア教育に力を入れています。今年度も全国,さらに世界どこででも,たくましく生き抜くことのできる力を備えた人間育成をめざし,職員一丸となってチームワークで子供たちの自立に向けた取り組みを進めてまいります。

 これからも鉄砲伝来の歴史,風向明瞭な自然の種子島から,本校の様子をお伝えしていきます。ご意見・ご感想をお待ちしています。

                                                                                                                                                                                                                                       校長 神田 圭